[ニュースリリース]

自然電力グループ初となるソーラーシェアリング  新潟県新潟市におけるメガソーラー発電所着工のお知らせ

自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市中央区荒戸/代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)およびjuwi(ユーイ)自然電力株式会社(本社:東京都文京区本郷/代表取締役:長谷川雅也、ヤン・ヴァルツェヒャ、以下「juwi自然電力」)は、自然電力グループ初となるソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)による「新潟鈴木ファーム太陽光発電所」を、2017年3月7日に着工いたしましたので、お知らせいたします。

 

ソーラーシェアリングとは、農地に支柱を立てて太陽光発電設備を設置し、農業と発電を同時に行う太陽光発電事業の手法を指します。この度着工いたしましたソーラーシェアリングによる太陽光発電事業は、新潟県新潟市に位置する鈴木農園の一部約18,900㎡の農地を利用して、出力約1.36メガワット(DC)のメガソーラーを建設するものです。発電所の下部にあたる農地では、遮光耐性に優れた牧草の生産が行われます。本発電所の年間発電量は、約144.5万キロワット時を見込んでおり、これは一般家庭約440世帯の年間使用電力量に相当します。発電した電力は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)を活用し、東北電力へ売電する予定です。

 

本事業は、自然電力グループが、開発からEPC(設計・調達・建設)までを一貫して行ったプロジェクトです。開発は、自然電力ならびに開発事業パートナーである株式会社RETRY(本社:東京都目黒区青葉台/代表取締役:森下悦道)が共同で実施し、EPC(設計・調達・建設)は、juwi(ユーイ)自然電力が担当いたします。本発電所の設計・施工にあたっては、農作物への日射量を確保するため、架台間の距離を充分に確保し、農業機械が架台の下を通過できるように、地面からパネルの下端までの距離を約2m確保しています。

 

自然電力グループは、本事業を端緒とし、国内のソーラーシェアリングの実現に取り組むことで、地域農業の振興と再生可能エネルギーによる発電量のさらなる拡大と両立を図ります。また、今後も、国内外問わず、発電所設置地域の状況やニーズに合わせたソリューションを提供することで、再生可能エネルギーの普及と持続可能な社会の構築に貢献することを目指してまいります。

 

【事業概要】

 

発電所名  新潟鈴木ファーム太陽光発電所
発電所所在地    新潟県新潟市西蒲区越前浜(鈴木農園敷地内)
事業主    上野 喜助
事業開発  自然電力株式会社/株式会社RETRY
EPC  juwi(ユーイ)自然電力株式会社
発電所面積    約18,900㎡
発電出力  約1.36 MW(DC)
想定年間発電量  144.5万kWh/年
 (一般家庭約440世帯分の年間電力消費量に相当)
着工日  2017年3月7日 
運転開始予定  2017年5月

 

【新潟鈴木ファーム太陽光発電所 着工式写真】

 

鈴木ファーム(c)Shizen Energy Inc.

 

pdfリリース全文はこちら

  • Photovoltaic (Mega Solar) Power
  • Wind Power
  • Small Hydroelectric Power
  • Utilize your unused land spaces
  • Find contractors for your renewable energy power station
  • Find O&M service providers for your power station
  • side funding
  • Selling a power plant  (before/after start of operation)
  • careers
  • face book
  • PV power plant dictionary
  • juwi

page top