[ニュースリリース]

洋上風力発電所建設用自己昇降式作業台船船団 「HASTY‐W」建造計画に関するお知らせ

アチハ株式会社(本社:大阪府大阪市/代表取締役:阿知波孝明、以下「アチハ」)、自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市/代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)、東光電気工事株式会社(本社:東京都千代田区/取締役社長:青木宏明、以下「東光電気工事」)、株式会社吉田組(本社:兵庫県姫路市/代表取締役社長:壺阪博昭、以下「吉田組」)、若築建設株式会社(本社:東京都目黒区/代表取締役社長:五百蔵良平、以下「若築建設」)は、2017年7月より、5社共同で洋上風力発電所建設および普及を目的とした洋上風力発電所建設用自己昇降式作業台船船団(以下、「HASTY-W」)の建造について、検討を開始いたしましたので、お知らせいたします。

 

この度、5社共同で建造を検討している「HASTY-W」は、今後、洋上風力発電事業の主力機種となる5MWクラス以上の風車を、外洋に複数機設置するために必要な組立船・運搬船2隻体制を備えた着床式作業台船船団です。2016年7月に施行された改正港湾法により、全国の港湾における洋上風力発電の導入が円滑に進み、その普及が期待される一方で、現在、国内においては、洋上風力発電所建設用自己昇降式作業台船船団を保有する企業がなく、整備が不十分な状況です。今後、国内で、洋上風力発電所の実現を促進するためには、国内の実情に適した作業船団の建造とその利活用が求められています。

 

「HASTY-W」は、国内の洋上風力発電プロジェクトの知見を活かして5社が独自に設計した新型の自己昇降式作業台船船団を目指しています。アチハ、自然電力、東光電気工事、吉田組、若築建設の5社は、これまでも、国内外の各地域に適した再生可能エネルギー発電の普及に、様々な形で取り組んでまいりました。また、再生可能エネルギーを日本の主要な電源とするために必要な電源の多様化に向け、太陽光発電事業と補完関係にある風力発電事業の推進にも、積極的に取り組んでいます。この度の「HASTY-W」の建造について5社で検討を進めることで、国内の洋上風力発電事業の発展に貢献してまいります。

 

pdf.pngリリース全文はこちら

 

  • Photovoltaic (Mega Solar) Power
  • Wind Power
  • Small Hydroelectric Power
  • Utilize your unused land spaces
  • Find contractors for your renewable energy power station
  • Find O&M service providers for your power station
  • side funding
  • Selling a power plant  (before/after start of operation)
  • careers
  • face book
  • PV power plant dictionary
  • juwi

page top