[ニュースリリース]

自然電力と三井物産が協力してメガソーラー発電所を開発 ~ 広島県・尾道市に1.5メガワット規模

自然電力株式会社(本社:東京都文京区/代表取締役:磯野謙、以下「自然電力」)は、この度、広島県尾道市において1.5メガワット規模の太陽光発電所(メガソーラー)開発を、三井物産株式会社(本社: 東京都千代田区/代表取締役社長:飯島彰己、以下「三井物産」)と協力して推進することに合意いたしました。

 

これは、広島県尾道市において自然電力が開発を進めるメガソーラーが、日本のメガソーラー  発電事業に幅広く分散投資する投資ファンド(運用会社:東京海上アセットマネジメント投信株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:大場昭義))から開発業務委託を受けた三井物産より、投資対象として選定され実現したものです。当発電所は、広島県尾道市瀬戸田町の 約25,735m2の土地に設置される、最大出力規模が1.5メガワットのメガソーラー発電所で、2014年秋の運転開始を目指します。

発電所概要

  1. 発電所名: 瀬戸田第一太陽光発電所
  2. 所在地: 広島県尾道市瀬戸田町茗荷字沖新開1103
  3. 発電出力: 約1.5メガワットピーク(約1,500キロワットピーク)

 

自然電力は、これまで自社・共同開発含め合計で約400メガワットのメガソーラー発電所を開発してまいりましたが、投資ファンドの投資対象に選ばれたのは今回が初めてです。

これは、自然電力によるメガソーラー発電所の開発力が認められたことから実現したものです。

自然電力、及び三井物産は、今後も協力してグローバルで得た知識や経験を日本の各地域に 活かし、各方面から社会に還元される再生可能エネルギー事業の展開を目指してまいります。

 

リリース全文はこちら(PDF)

お電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームからはこちら

カテゴリ

アーカイブ

  • 太陽光(メガソーラー)発電
  • 風力発電
  • 小水力発電
  • 土地の有効活用を考えている方
  • 発電所の建設事業者を探している方
  • 発電所の保守運営会社を探している方
  • 発電所の健康診断をしたい方
  • 発電所建設のための資金調達が必要な方
  • 発電所(運転開始前・ 開始後)を売りたい方
  • 採用情報
  • face book
  • ソーラー用語辞典
  • juwi

このページのTOPへ