[ニュースリリース]

北海道七飯町「大沼太陽光発電所」完工のお知らせ  

北海道で初となる完工・自社保有メガソーラー

 

自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市中央区荒戸/代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)は、北海道七飯町で、株式会社富士製作所(本社:愛知県豊明市栄町/代表取締役:長川春美)と協業し着工した「大沼太陽光発電所」を、2016年7月に完工し、商業運転を開始いたしましたので、お知らせいたします。

 

本発電所は、北海道七飯町に位置する遊休地約36,000㎡を利用して、出力約1.8メガワット(DC)のメガソーラーを運営するものです。年間発電量は約191万キロワット時を見込んでおり、これは一般家庭約600 世帯の年間使用電力量に相当します。発電した電力は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度を活用し北海道電力へ売電します。また、本発電所は、自然電力グループが完工したメガソーラー事業として北海道内で初の案件となり、自然電力グループが全国で保有する自社案件として16件目です。

 

なお、本発電所は株式会社富士製作所が当地において計画を進めていたものに対し、自然電力による資金調達支援によりプロジェクトファイナンスによる調達を実現、事業化へとつながったプロジェクトです。EPC(設計・調達・建設)は、当初の計画通り、株式会社北弘電社(本社:北海道札幌市中央区/代表取締役社長:脇田智明)が担いました。発電所のO&M(運営・保守)は、自然電力グループのjuwi(ユーイ)自然電力オペレーション株式会社(本社:東京都文京区本郷/代表取締役:磯野久美子、ラグラム・ナタラヤン)が提供しております。

 

自然電力は、2011年の会社設立以来、グループ全体で約700メガワット(2016年7月末時点)の太陽光発電所の開発・資金調達・EPC・O&Mに携わってまいりました。また、発電事業者として、本発電所も含め全国で16件の太陽光発電所を保有・運営しております。2015年からは風力・小水力発電事業も積極的に推進しています。北海道においては、既に多くの再生可能エネルギー発電所の設置または設置検討がなされており、接続系統容量に空きが少なく、再生可能エネルギー発電所の新規設置は難しい状況が続いています。しかし、開発・資金調達・建設など、何らかの課題により実現に至っていないプロジェクトも少なくないと見積もっています。自然電力グループでは、発電所設置に必要なすべてのサービスを提供している特徴を活かし、各案件の様々なニーズに対応し、地域の企業とも協業しながら、そうした「未稼働案件」の事業化にも取り組んでいます。自然電力グループは、今後も高品質な再生可能エネルギー発電所の設置と運営を通じ、日本における再生可能エネルギーの一層の普及と、持続可能な社会の構築に貢献することを目指します。

 

【事業概要】

 発電所名  大沼太陽光発電所
 発電所所在地  北海道亀田郡七飯町字西大沼
 事業主  大沼太陽光発電合同会社
 事業開発  株式会社富士製作所、自然電力株式会社
 EPC  株式会社北弘電社
 O&M  juwi(ユーイ)自然電力オペレーション株式会社
 発電所面積    約36,000㎡
 発電出力  約1.8MW(DC)
 想定年間発電量  191万kWh/年
 (一般家庭約600世帯分の年間電力消費量に相当)
 着工日  2015年9月9日 
 運転開始日  2016年7月29日

 

【大沼太陽光発電所写真】

大沼太陽光発電所

 

pdfリリース全文はこちら

[ニュースリリース]

自然電力グループが開発・建設を手掛ける太陽光発電所を投資対象資産とした 「ケネディクス自然電力ファンド」 第1号案件に関するお知らせ

自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市中央区荒戸/代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)は、ケネディクス株式会社(本社:東京都中央区日本橋/代表取締役:宮島大祐、以下「ケネディクス」)と、2016年3月31日に共同で設立、運用することに合意した「ケネディクス自然電力ファンド」(以下「本ファンド」)の第1号案件として、自然電力グループが開発・建設を手掛ける4件の太陽光発電所を投資対象資産とすることを決定しました。また、ケネディクスが組成したKSF1合同会社(以下、「本プロジェクト」)への出資に関する契約が、2016年9月13日に、本ファンド投資家とケネディクスとの間で締結されましたので、お知らせいたします。

 

本ファンドは、全国の再生可能エネルギー発電所を投資対象として、高品質かつ地域に根ざした再生可能エネルギー発電所の開発と運営の推進を企図しています。

 

今回投資対象資産となった4件の太陽光発電所は、全て栃木県に所在しています。2016年1月より稼働を開始した「大田原市寺宿1太陽光発電所」(出力約1.7メガワット)および、2016年6月に着工し、同年12月に完工予定の3案件、「那須塩原市笹沼1太陽光発電所」(出力約1.3メガワット)、「那須塩原市笹沼4太陽光発電所」(出力約1.3メガワット)、「那須町寺子太陽光発電所」(出力約1.8メガワット)の合計約6.1メガワットで構成されます。すべて、自然電力が開発を行い、グループ会社である、juwi(ユーイ)自然電力株式会社(本社:東京都文京区本郷/代表取締役:長谷川雅也、ラグラム・ナタラヤン、以下「juwi自然電力」)がEPC(設計・調達・建設)を手掛けるものです。また、O&M(運営・保守)業務は、juwi(ユーイ)自然電力オペレーション株式会社(本社:東京都文京区本郷/代表取締役:磯野久美子、ラグラム・ナタラヤン)が受託いたします。

 

自然電力グループは、再生可能エネルギーの日本における普及と定着化を目指し、長期的に安定稼動する太陽光発電所の設置に向け、これまで全国で約700メガワット(2015年12月末時点)の太陽光発電事業に携わってきた実績を持ちます。グループ全体で、開発・資金調達・EPC・O&Mまで、発電所設置に必要なすべての業務をワンストップで行うことを特徴としており、特に、資金調達については、本ファンドを活用してより一層の事業化の推進を目指しております。国内における太陽光発電所の設置計画を巡っては、固定価格買取制度(FIT)の変更により、2017年4月1日時点で電力会社との接続契約が未締結である取得済みの設備認定は失効することが決定しています。自然電力グループとしては、今後、認定を取得しながら何らかの課題により未稼働となっている全国の発電所設置計画についても広く情報を集め、事業化の実現に取り組むとともに、国内における再生可能エネルギーの普及と持続可能な社会の構築を目指してまいります。

 

【ケネディクス自然電力ファンド概要】

 名称   ケネディクス自然電力ファンド
 出資額   最大 80 億円(予定)
 総資産規模   最大 400 億円程度(予定)
 投資対象   太陽光、風力、小水力又はバイオマス発電所等
 出資者   複数の国内金融法人
 運用者   ケネディクス、自然電力
 基本理念
  1. 再生可能エネルギー発電所の売電収益を原資として、長期安定的なファンドパフォーマンスの実現を目指すものであること。
  2. 国内再生可能エネルギー発電所、並びに、金融商品市場の多様化、拡大への貢献を目指すものであること。
  3. 地域に根差した再生可能エネルギー発電所の開発、運営を推進することにより、地域経済の活性化及び発展を目指すものであること。

 

 

【全案件運転開始後の想定スキーム図】 

 全案件開始後の想定スキーム図

 

【本プロジェクトの概要】

 所在地  栃木県
 現況

 稼働済:

 「大田原市寺宿1太陽光発電所」(出力約1.7MW)

 建設中:

 「那須塩原市笹沼1太陽光発電所」(出力約1.3MW)

 「那須塩原市笹沼4太陽光発電所」(出力約1.3MW)

 「那須町寺子太陽光発電所」(出力約1.8MW)

 合計パネル出力  6.1MW
 運転開始(予定)日  稼働済:2016年1月、建設中:2016年12月

 

pdfリリース全文はこちら

[ニュースリリース]

自然電力、フォーブス ジャパンとトヨタ自動車未来プロジェクト室による 次世代起業家イベントに参加

自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市荒戸/代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)は、2016年7月29日(金)に開催された「Forbes INNOVATION SUMMIT CONCEPT / TOYOTA OPEN ROAD PROJECT + Next Generation Entrepreneurs」(主催:フォーブス ジャパン)に参加し、自然電力グループを代表してjuwi(ユーイ)自然電力オペレーション株式会社(本社:東京都文京区本郷/代表取締役:磯野久美子、ラグラム・ナタラヤン)の代表取締役、磯野久美子が登壇いたしました。

 

本イベントは、トヨタ自動車未来プロジェクト室が推進する「TOYOTA OPEN ROAD PROJECT」で実証実験を行っている、超小型電気自動車(EV)のパーソナルモビリティ「TOYOTA i-ROAD(アイ・ロード)」をテーマに、スタートアップ企業と次世代のモビリティと社会のあり方を共に構想する機会として実施されました。「i-ROAD」は、リチウムイオン電池で動く電気自動車であり、環境に負荷をかけずに移動が可能となるだけでなく、様ざまな機能について、外部プラットフォームとの連携による社会実装を志向しているのが大きな特長です。当日は、各分野の技術やサービスを持つ10社のスタートアップ企業が登壇し、将来の事業コラボレーションも視野に、「i-ROAD」の持つ特性を活かして、人びとの暮らしをより自由かつ快適に変革していくためのプランを提案しました。

 

自然電力グループは、2011年の創業当初から、「エネルギーデザイン」をミッションに掲げています。これは、エネルギーに対する前向きな感情や愛着をつくり出すこと、エネルギーのつくり方だけでなく使い方も考えることなど、再生可能エネルギーの発電所を作るだけでなく、それを維持するための仕組みや地域コミュニティ、地域産業のことまでを考えた事業を目指すというものです。今回のプレゼンテーションでは、この発想をベースに、「i-ROAD」で蓄電・使用する電気を、太陽光・風力・小水力など自然由来のものとし、自然電力グループが設置・管理する再生可能エネルギー発電所と駐車スペース等様々な充電施設とを結ぶエネルギーチャージのシステム構築を提案いたしました。また、その時点でユーザーが享受している電気の「電源構成」を明らかにする外装を搭載することで、この未来型モビリティを起点に、「エネルギー」が人々の日常的なコミュニケーションツールとしてコミュニティへ広がることへの期待を込めた未来を描きました。

 

自然電力は、この度のイベントへの参加を励みに、今後も各産業分野や企業、地域との連携を模索し、再生可能エネルギーの一層の普及と持続可能な社会の構築に貢献することを目指します。

 

【自然電力グループ磯野久美子によるプレゼンテーションの様子】

自然電力グループ磯野久美子によるプレゼンテーションの様子

 

pdfリリース全文はこちら

カテゴリ

アーカイブ

  • 太陽光(メガソーラー)発電
  • 風力発電
  • 小水力発電
  • 土地の有効活用を考えている方
  • 発電所の建設事業者を探している方
  • 発電所の保守運営会社を探している方
  • 発電所の健康診断をしたい方
  • 発電所建設のための資金調達が必要な方
  • 発電所(運転開始前・ 開始後)を売りたい方
  • 採用情報
  • face book
  • ソーラー用語辞典
  • juwi

このページのTOPへ