[ニュースリリース]

自然電力グループ初となるソーラーシェアリング  新潟県新潟市におけるメガソーラー発電所着工のお知らせ

自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市中央区荒戸/代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)およびjuwi(ユーイ)自然電力株式会社(本社:東京都文京区本郷/代表取締役:長谷川雅也、ヤン・ヴァルツェヒャ、以下「juwi自然電力」)は、自然電力グループ初となるソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)による「新潟鈴木ファーム太陽光発電所」を、2017年3月7日に着工いたしましたので、お知らせいたします。

 

ソーラーシェアリングとは、農地に支柱を立てて太陽光発電設備を設置し、農業と発電を同時に行う太陽光発電事業の手法を指します。この度着工いたしましたソーラーシェアリングによる太陽光発電事業は、新潟県新潟市に位置する鈴木農園の一部約18,900㎡の農地を利用して、出力約1.36メガワット(DC)のメガソーラーを建設するものです。発電所の下部にあたる農地では、遮光耐性に優れた牧草の生産が行われます。本発電所の年間発電量は、約144.5万キロワット時を見込んでおり、これは一般家庭約440世帯の年間使用電力量に相当します。発電した電力は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)を活用し、東北電力へ売電する予定です。

 

本事業は、自然電力グループが、開発からEPC(設計・調達・建設)までを一貫して行ったプロジェクトです。開発は、自然電力ならびに開発事業パートナーである株式会社RETRY(本社:東京都目黒区青葉台/代表取締役:森下悦道)が共同で実施し、EPC(設計・調達・建設)は、juwi(ユーイ)自然電力が担当いたします。本発電所の設計・施工にあたっては、農作物への日射量を確保するため、架台間の距離を充分に確保し、農業機械が架台の下を通過できるように、地面からパネルの下端までの距離を約2m確保しています。

 

自然電力グループは、本事業を端緒とし、国内のソーラーシェアリングの実現に取り組むことで、地域農業の振興と再生可能エネルギーによる発電量のさらなる拡大と両立を図ります。また、今後も、国内外問わず、発電所設置地域の状況やニーズに合わせたソリューションを提供することで、再生可能エネルギーの普及と持続可能な社会の構築に貢献することを目指してまいります。

 

【事業概要】

 

発電所名  新潟鈴木ファーム太陽光発電所
発電所所在地    新潟県新潟市西蒲区越前浜(鈴木農園敷地内)
事業主    上野 喜助
事業開発  自然電力株式会社/株式会社RETRY
EPC  juwi(ユーイ)自然電力株式会社
発電所面積    約18,900㎡
発電出力  約1.36 MW(DC)
想定年間発電量  144.5万kWh/年
 (一般家庭約440世帯分の年間電力消費量に相当)
着工日  2017年3月7日 
運転開始予定  2017年5月

 

【新潟鈴木ファーム太陽光発電所 着工式写真】

 

鈴木ファーム(c)Shizen Energy Inc.

 

pdfリリース全文はこちら

[ニュースリリース]

Alliance Agreement on Capital and Business Partnership

                                                                                                                               February 23, 2017

                                       Alliance Agreement on Capital and Business Partnership

                                                                                                                              Tokyo Gas Co., Ltd.
                                                                                                                              Shizen Energy Inc.


Tokyo Gas Co., Ltd. (Headquarters: Minato-ku, Tokyo; Michiaki Hirose, President; hereinafter “Tokyo Gas”), and Shizen Energy Inc. (Headquarters: Fukuoka-shi, Fukuoka; Ken Isono, Kenji Kawado and Masaya Hasegawa, Representative Directors; hereinafter “Shizen Energy”) have agreed upon a business partnership for the photovoltaic power business, and today signed an alliance agreement on capital and business involvement (hereinafter “the alliance”).

Engaging in the renewable energy business is a part of the long-term strategy plan of Tokyo Gas, “Challenge 2020 Vision” adopted in 2011 and since then Tokyo Gas has been planning its engagements into the renewable energy business; such as the purchase of the renewable power and investment into renewable energy projects. With the alliance, in addition to the knowledge and know-how of Shizen Energy regarding the renewable energy business in the past, Tokyo Gas aims to acquire knowledge of business development for promoting the utilization of renewable energy.

Shizen Energy group (including Shizen Energy) is the one-stop service provider for renewable energy such as photovoltaic power business; developing, engineering, procuring, constructing, O&M. In the photovoltaic power business, it has engaged the development on the scale of power supply equal to about 600MW all over Japan in the past, with aiming to construct power plants together with people from the local community. With the alliance, Shizen Energy aims to the further its own growth and the further development of its renewable energy business.

With this alliance, both of the companies will consider the development of the photovoltaic power business together and will work together to expand the renewable energy industry. Our first target is the securing of a photovoltaic power supply of 60MW* at the earliest possible date. Tokyo Gas will take a stake in Shizen Energy. Tokyo gas will provide the power sources for the sectors of former general electricity utilities.
Tokyo Gas and Shizen Energy are continuing to support the growth of the renewable energy market and the realization of a sustainable society in the future.

pdfThe full version of press release is here.

[ニュースリリース]

東京ガスと自然電力との資本業務提携契約の締結について

2017年2月23日

資本業務提携契約の締結について

東京ガス株式会社

自然電力株式会社

 

東京ガス株式会社(東京都港区、社長:広瀬 道明、以下「東京ガス」)と自然電力株式会社(福岡県福岡市、代表取締役:磯野 謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)は、本日、資本業務提携契約(以下「本提携」)を締結し、太陽光発電事業の開発を共同で実施することについて合意しました。

 

東京ガスは、「チャレンジ2020ビジョン」で再生可能エネルギーの取り組みの推進を掲げており、再生可能エネルギー電力の購入や再生可能エネルギー電源への出資等を検討してきました。本提携により、自然電力がこれまで培ってきた再生可能エネルギー事業開発における知見・ノウハウをもとに、再生可能エネルギーの事業開発ノウハウを獲得し、再生可能エネルギーのさらなる普及拡大に取り組んでいきます。

 

自然電力は、太陽光発電事業を中心とした再生可能エネルギー事業に特化し、グループ全体で、開発から建設、運営・保守まで再生可能エネルギー発電所の設置に必要なすべてのサービスを提供している企業です。太陽光発電事業においては、地域に根ざした発電所の設置を目指し、これまで日本国内の各地において約600MWの事業開発を行い、実績を重ねてきました。東京ガスと連携することで、さらなる成長と、再生可能エネルギー事業実現の加速化を目指します。

 

本提携により、両社は、太陽光発電事業の開発を共同で検討していき、再生可能エネルギー事業の拡大に取り組んでいきます。まずは、可能な限り早期に60MWを目標に、太陽光発電電源の獲得を目指します。あわせて、東京ガスが自然電力への出資を行います。なお、本提携で獲得した電源は、一般送配電事業者に供給する予定です。

 

東京ガスと自然電力は、今後も、再生可能エネルギーの普及と持続可能な社会の構築に貢献してまいります。

 

以上

 

<自然電力株式会社概要>

・社名  :自然電力株式会社

・代表者名:磯野 謙、川戸 健司、長谷川 雅也

・設立  :2011年6月

・所在地 :福岡県福岡市中央区荒戸1-1-6 福岡大濠ビル3F/6F

・事業内容:日本全国でグループとして約700MW(2016年12月末時点)の太陽光発電事業に携わった実績を持っています。2014年から発電事業(IPP)に着手し、2015年から風力・小水力発電事業を本格始動、また2016年からアセットマネジメント事業ならびに海外事業を開始しました。2013 年より、世界的な風力・太陽光発電事業のディベロッパー・EPC(設計・調達・建設)企業であるドイツの juwi(ユーイ)株式会社とともに、ジョイント・ベンチャーであるjuwi自然電力株式会社およびjuwi自然電力オペレーション株式会社を立ち上げ、グループとして再生可能エネルギー事業の開発・EPC・O&M(運営・保守)をワンストップサービスで提供することを特徴としています。

 

<報道機関からのお問合せ先>

東京ガス株式会社 広報部            伊藤 TEL:03-5400-7675

自然電力株式会社 コーポレートファイナンス部 榎本 TEL:03-3868-3391

 

pdfリリース全文はこちら

カテゴリ

アーカイブ

  • 太陽光(メガソーラー)発電
  • 風力発電
  • 小水力発電
  • 土地の有効活用を考えている方
  • 発電所の建設事業者を探している方
  • 発電所の保守運営会社を探している方
  • 発電所の健康診断をしたい方
  • 発電所建設のための資金調達が必要な方
  • 発電所(運転開始前・ 開始後)を売りたい方
  • 採用情報
  • face book
  • ソーラー用語辞典
  • juwi

このページのTOPへ