[ニュースリリース]

juwi Shizen Energy Receives Order for 29 MW Mega Solar EPC Project with Project Financing Led by Sumitomo Mitsui Banking Corporation as the Arranger Start of Work on Osato Solar Park in Miyagi Prefecture’s Kurokawa District

juwi Shizen Energy Inc. (hereinafter “juwi Shizen Energy”) and Trina Solar Japan Energy Co., Ltd. (hereinafter “Trina Solar”), a wholly owned subsidiary of Trina Solar Limited have received an order from Banpu Power Public Company Limited, a wholly owned subsidiary of Banpu Public Company Limited, for EPC (engineering, procurement, construction) of an approximately 28.8 megawatt mega solar plant named Osato Solar Park in Miyagi Prefecture’s Kurokawa District. The Construction work is currently in progress and is expected to finish in summer 2019.

 

This power plant will be constructed on a site of approximately 336,000m2 located in Miyagi Prefecture’s Kurokawa District. Annual output is expected to be approximately 30,947 megawatt hours (approximately 30,950,000 kilowatt hours), equivalent to the annual electrical power use of approximately 10,400 ordinary homes. The electricity generated will be sold to Tohoku Electric Power Co., Inc. using the Feed-in Tariff scheme for renewable energy.

 

The plant represents the second project together with Trina Solar. For this project, Trina Solar will be managing development and construction, while juwi Shizen Energy will be conducting the construction. Both players will be involved in the planning and procurement of the power plant development project. As for funding, project financing is led by Sumitomo Mitsui Banking Corporation, a Japanese megabank, as the arranger in the syndication of the non-recourse type loan.

 

juwi Shizen Energy was established in 2013 as a joint venture between Shizen Energy Inc. (Headquarters: Arato, Chuo Ward, Fukuoka City, Fukuoka Prefecture, Representative Directors: Ken Isono, Kenji Kawado, and Masaya Hasegawa; hereinafter referred to as “Shizen Energy”), activities of which include the development of and securing of funding for renewable energy power plants, and juwi AG, a company headquartered in Germany involved in development and EPC of renewable energy around the world. In addition to being involved in Shizen Energy’s development projects, juwi Shizen Energy also takes orders for EPC-only construction projects, with the company’s completed projects providing a total output of 170 megawatts in 55 locations around Japan. These include five large-scale photovoltaic power plants with output in the tens of megawatts. With an additional 200 megawatts of peak output under construction this year, juwi Shizen Energy is consolidating its position as a leader in international EPC for renewable energy power plants. Furthermore, with many future orders for construction projects expected in the Tohoku area of Japan, juwi Shizen Energy opened an office in Sendai in March 2018, aiming to build networks, enhance partnerships, and recruit new talent.

 

juwi Shizen Energy will continue to leverage the knowledge and experience accumulated through its global operations and aim to contribute to the increased use of renewable energy and the construction of a sustainable society both in Japan and overseas by providing EPC solutions to meet the needs of the local areas where new power plants are constructed.

 

[Project outline]

Name of power plant Osato Solar Park
Location Omatsuzawa, Osato, Kurokawa District, Miyagi Prefecture
Sponsor Banpu Power Public Company Limited
Project development Trina Solar Japan Energy Co., Ltd.
Engineering/procurement

juwi Shizen Energy Inc.

Trina Solar Japan Energy Co., Ltd.

Construction Management Trina Solar Japan Energy Co., Ltd.
Construction juwi Shizen Energy Inc.
O&M

juwi Shizen Energy Inc.

juwi Shizen Energy Operation Inc.

Trina Solar Japan Energy Co., Ltd.

Arranger Sumitomo Mitsui Banking Corporation (project finance)
Power plant area

336,000 m2 approx.

Output 28.8MW (DC) /18.9MW (AC) approx.
Estimated annual generated energy output 30,950,000 kWh/year approx.
(equivalent to the annual electrical power use of approximately 10,400 ordinary homes)
Start of construction May 2018
Start of operation Summer 2019

 

[Groundbreaking ceremony] (June 14, 2018)

kurokawa openingcelemony small logo

 

[About juwi Shizen Energy Inc.]

juwi Shizen Energy is an international joint venture established in January 2013 by Shizen Energy Inc. and juwi AG - a German company that is a world leader in wind power, photovoltaic development, and EPC (engineering, procurement and construction). As of the end of February 2018, juwi Shizen Energy has completed EPC projects for photovoltaic power plants with a combined output of approximately 170 megawatts in 55 locations around Japan.

 

[About juwi Shizen Energy Operation Inc.]

juwi Shizen Energy Operation Inc. is an international joint venture established in May 2013 by Shizen Energy Inc. and juwi AG. The company has received orders for O&M (operation and maintenance) for photovoltaic power plants and wind power plants around Japan with a total output of approximately 230 megawatts as of the end of September 2018.

 

[About Shizen Energy Inc.]

Founded in June 2011 with the mission of “Changing the World with Energy,” Shizen Energy contributes to the generation of approximately 800 megawatts (as of the end of April 2018) worth of renewable energy across Japan. It is engaged in all services required for the installation and operation of solar, wind power, small hydroelectric and other renewable energy power plants, such as development and EPC (engineering, procurement, construction), O&M (operation and maintenance), and asset management. The company entered the electricity retail market in 2017, and as well as supplying electricity to individuals and businesses, it also provides support for initiatives towards environmentally friendly energy taken by companies and other organizations.

  • Headquarters: Fukuoka Ohori Bldg. 3F/6F, 1-1-6 Arato, Chuo Ward, Fukuoka City, Fukuoka Prefecture
  • Representative Directors: Ken Isono, Kenji Kawado, Masaya Hasegawa
  • Tel:  +81(0)92-753-9834
  • URL: http://www.shizenenergy.net/en/
  • Business: Electricity generation (IPP) with solar, wind power, small hydroelectric and other renewable energy power plants, business development, funding procurement, asset management, electricity retail for individuals and businesses

 [About Banpu Power Public Company Limited]

Banpu Power Public Company Limited, a Thai-listed company operates both conventional and renewable power businesses across Asia-Pacific, including in Thailand, Lao PDR, China and Japan. At present, Banpu Power has a total of 27 power plants/projects. The Company is moving forward to increase power generating capacity according to the strategic plan of balanced growth between conventional power generation, utilizing advanced technologies that are safe and environmentally friendly, namely High-Efficiency, Low Emissions (HELE), and renewables in order to become a sustainable power industry leader at the regional level.

 

[About Trina Solar Co., Ltd]

Founded in 1997, Trina Solar Co., Ltd. (“Trina Solar”), one of the earliest Chinese solar companies listed on the NYSE, is the leading total solution provider for solar energy around the world. Equipped with a strong capacity of R&D, Trina Solar has developed and launched a full range of solar solutions, including smart modules, smart systems, energy storage and smart O&M. In its downstream business, Trina Solar provides project development, financing, design, construction, O&M, as well as one-stop system integration solutions for customers. Up to now, the Company has connected nearly 2 GW of solar projects to grids around the world. 

 

pdfThe full version of press release is here.

[ニュースリリース]

プレスリリースの訂正とお詫び

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

2018年9月19日弊社発表のプレスリリース「業界初 個人向けに自然エネルギー30%の電気を提供 環境価値のある電気を手軽に導入できる電力プラン「SE30」のサービス開始」に一部記述の誤りがございましたので、下記のとおり訂正させて頂きます。

皆様には大変ご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。

 

 

【プレスリリースタイトル】

「業界初 個人向けに自然エネルギー30%の電気を提供
環境価値のある電気を手軽に導入できる電力プラン「SE30」のサービス開始」

 

【訂正箇所】

● タイトル 下線部

(誤)「業界初 個人向けに自然エネルギー30%の電気を提供
環境価値のある電気を手軽に導入できる電力プラン「SE30」のサービス開始」

(正)「業界初 個人向けに実質自然エネルギー30%の電気を提供
環境価値のある電気を手軽に導入できる電力プラン「SE30」のサービス開始」

 

●P1本文中 3パラグラフ目 下線部

(誤)

また、実際の電気使用量に対して排出されるCO2を30%削減できます(*1)。例えば東京エリアで契約容量 40Aのご家庭が400kWh/月で電力を消費された場合、「自然電力のでんき」の電源構成では毎月約 254kgのCO2を排出するため、「SE30」のご契約でそのうちの約72kgのCO2を削減することが可能です。これは、東京から浜松市まで車で移動した場合の排出量を毎月削減していることと等しくなります(*2)。

また、電力使用によって排出されるCO2の全てを削減する「SE100」に比べて、価格は3.5%程度安くなります。

 

(正)

また、使用電力量(kWh)に対して30%分の非化石証書(再エネ指定)を購入することにより、実質的に、自然エネルギー30%の電気の供給を実現します(*1)。(削除)また、(削除)「SE100」に比べて、価格は3.5%程度安くなります。

 

訂正後プレスリリースは下記をご参照ください。

 「業界初 個人向けに実質自然エネルギー30%の電気を提供 環境価値のある電気を手軽に導入できる電力プラン「SE30」のサービス開始」

[ニュースリリース]

“「ふつう」の企業が、今、環境のためにできることを考える” 自然電力とボーダレス・ジャパンによる企業担当者向けのイベント「今日からはじめる、環境アクション」開催のお知らせ

自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市中央区荒戸/代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)は、株式会社ボーダレス・ジャパン(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:田口一成、以下、ボーダレス・ジャパン)と、2018年10月4日(木)に環境イベント「今日からはじめる、環境アクション ~環境先進企業と考える「5年後」のためにできること~」を共催します。

 

さまざまな地球環境問題が深刻化する中、気候変動対策においては、2015年のパリ協定締結以来、グローバル企業を中心に、脱炭素化と自然エネルギーの利用促進が本格化しています。また、今年6月にカナダで開かれた主要7カ国首脳会議(G7)では、海洋汚染を抑止するためのプラスチックごみ対策が大きなテーマとなり、各国でプラスチック使用の規制などが始まっています。ESG投資やエシカル消費など、金融業界や生活者による環境問題対策を志向する傾向も強まっており、企業が、地球市民の一員としてこれらの問題へ積極的に取り組むことへの重要性が増しています。

 

日本でもその風潮は高まっていますが、一部企業における先進的な取り組みがクローズアップされる一方で、多くの企業においては、問題意識を持ちながらも、情報やマンパワーの不足などを理由に、本業や日々の企業活動を通じてどのような取り組みが実行可能か分からない、といったケースも少なくないと考えます。

 

本イベントは、そういった問題意識を持っている方がたや担当者を対象に、登壇企業によるプレゼンテーションやトークセッションを通じ、「今日からはじめられる環境アクション」を新たに見出すヒントを提供することで、それぞれの取り組みを通じて多くの企業の力を合わせ、環境問題解決に向けたインパクトを最大化していくことを目指します。主催は、自ら自然エネルギー発電所を設置し、また保有する自然エネルギー発電所から実質「自然エネルギー100%」「CO2排出ゼロ」の電力を提供する自然電力と、そのユーザーであり、環境問題・社会問題解決に直結する事業を国内外で精力的に展開しているボーダレス・ジャパン。ゲストに、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全廃することを発表したスターバックス コーヒー ジャパン 株式会社、国内外約90チームで街のごみ拾い活動をおこなうNPO法人green bird(グリーンバード)をお招きしいたします。

 

わたしたちはこのような公開型イベントを、企業自らが開催すること自体を新たな試みとして捉えています。本イベントを、すべての企業が持つ環境へのインパクトをポジティブに転換していくムーブメントのキックオフとして位置づけ、直接的な事業、日々の企業活動や社員のオフィスでの過ごし方などまでを含めて、地球市民としての自分たちが環境のためにできることを議論いたします。

 

概要
イベント名

今日からはじめる、環境アクション

~環境先進企業と考える「5年後」のためにできること~

日時 10月4日(木)19:00~21:00 (18:30開場)
参加料 無料
主催 株式会社ボーダレス・ジャパン、自然電力株式会社(共催)
登壇者

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社(サプライチェーン本部 品質保証部 店舗衛生・環境推進チームマネージャー 普川 玲)

NPO法人green bird(副代表 福田 圭祐)

株式会社ボーダレス・ジャパン(代表取締役社長 田口 一成)

自然電力株式会社(代表取締役 磯野 謙)

プログラム

第1部:企業活動で取り組む「5年後」の社会を見据えた環境アクション

各社の環境に対する取り組みや、今後の課題・将来像についてお話しします。

 

第2部:「ふつう」の企業ができることとは(トークセッション)

・モデレーター:株式会社ボーダレス・ジャパン 代表取締役社長 田口 一成

ふつうの会社ができることやどうやって社会インパクトを増やしていくのか、4社によるトークセッションを通して、お話しします。

 ※プログラムは予定です。内容は一部変更する場合がございます。

会場

イベントスペース「the C」 (東京都千代田区内神田1-15-10)

JR各線「神田」駅西口徒歩7分、都営新宿線「小川町」駅B6出口徒歩4分

http://www.the-c.tokyo/outline/index.html

申込み https://kankyo-event-1004.peatix.com/

 

【株式会社ボーダレス・ジャパンについて】

「ソーシャルビジネスで世界を変える」ことを目指し、社会起業家が集うプラットフォームカンパニーとして2007年3月に現・代表取締役社長 田口 一成が設立。現在、「貧困」「環境問題」など社会問題の壁を超える20の事業を展開中。偏見のない世界を作る多国籍コミュニティハウス「BORDERLESS HOUSE」、オーガニックハーブで貧困農家の収入をアップする「AMOMA natural care」、バングラデシュに雇用を作るビジネス革製品「Business Leather Factory」など多くの社会的事業を創出している。オフィス・活動拠点を東京・大阪・福岡・韓国・バングラデシュ・台湾・ミャンマー・ケニア・グアテマラ・トルコへと拡大し、2017年度の売上高は45億円を超える。

 

【自然電力株式会社について】

2011年6月設立。「エネルギーから世界を変える」を掲げ、日本全国でグループとして約800メガワット(2018年4月末時点)の自然エネルギー発電事業に携わっている。太陽光・風力・小水力等の自然エネルギー発電所の設置・運営に必要な、開発・EPC(設計・調達・建設)・O&M(運営・保守)・アセットマネジメント等、すべてのサービスを手掛けている。2017年より電力小売事業に参入し、個人・法人に向けた電力供給のほか、企業等の環境(エネルギー)対策に向けた取り組み支援も行う。

  • 本社:福岡県福岡市中央区荒戸1-1-6 福岡大濠ビル3F/6F
  • 代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也
  • 代表電話番号:092-753-9834
  • URL:http://www.shizenenergy.net
  • 事業内容:太陽光・風力・小水力等の自然エネルギー発電所の発電事業(IPP)、事業開発・資金調達、アセットマネジメント、個人・法人向け電力小売事業等

pdfリリース全文はこちら

カテゴリ

アーカイブ

  • 太陽光(メガソーラー)発電
  • 風力発電
  • 小水力発電
  • 電力小売事業
  • 土地の有効利用を考えている方
  • 発電所建設のための資金調達が必要な方
  • 発電所の建設事業者を探している方
  • 発電所の保守運営会社を探している方
  • 発電所の健康診断をしたい方
  • 発電所(運転開始前・ 開始後)を売りたい方
  • 自然エネルギー由来の電気を購入したい方
  • 採用情報
  • face book
  • ソーラー用語辞典
  • juwi

このページのTOPへ