[ニュースリリース]

自然電力グループが開発・EPCを手掛けた20MWのメガソーラー「鹿児島県霧島市太陽光発電所」完工のお知らせ

自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市中央区荒戸/代表取締役:磯野謙、 川戸健司、 長谷川雅也、 以下「自然電力」)およびjuwi(ユーイ)自然電力株式会社(本社:東京都文京区本郷/代表取締役:長谷川雅也、 ヤン・ヴァルツェヒャ、 以下「juwi自然電力」)は、 鹿児島県霧島市で、 株式会社トーエネック(本社:愛知県名古屋市中区栄/代表取締役社長:久米雄二、 以下「トーエネック」)より発注を受け着工した「鹿児島県霧島市太陽光発電所」を、 2016年9月29日に完工し、 2016年12月1日より、 商業運転を開始いたしましたので、 お知らせいたします。

 

本発電所は、 鹿児島県霧島市に位置する約299,700m2 の土地を利用して、 出力約20メガワット(DC)のメガソーラーを運営するものです。 年間発電量は、 約2,100万キロワット時を見込んでおり、 これは一般家庭約6,000世帯の年間使用電力量に相当します。 発電した電力は、 再生可能エネルギーの固定価格買取制度を活用し九州電力へ売電します。 また、 本発電所は、 自然電力グループが、 鹿児島県内で完工した3件目のメガソーラー事業です。 

 

本事業は、 自然電力グループが、 開発からEPC(設計・調達・建設)までを一貫して行ったプロジェクトです。 開発を自然電力が、 EPCをjuwi自然電力が担当し、 それぞれのフェーズにおいて各協力会社と連携を図り完工しました。 本事業の特徴であり、 太陽光発電所としては大規模である13kmという長距離大容量の地中送電線は、 霧島市の地元企業である鎌田建設株式会社(本社:鹿児島県霧島市国分敷根/代表取締役:鎌田善政、 以下「鎌田建設」)の協力を得ることで開発業務ならびに土木工事を遂行し、 電気工事は株式会社関電工(本社:東京都港区芝浦/取締役社長:森戸義美)の経験と技術力を得ることで実現いたしました。 発電所内の土木工事は、 鎌田建設と、 発電所および変電所の電気工事については、 日本リーテック株式会社(本社:東京都千代田区神田/代表取締役社長:田邊昭治)とそれぞれ連携し実施いたしました。 発電所のO&M(運営・保守)は、 自然電力グループのjuwi自然電力オペレーション株式会社(本社:東京都文京区本郷/代表取締役:磯野久美子、 ヤン・ヴァルツェヒャ)が提供する予定です。 また、 鹿児島県霧島市(市長:前田終止)には、 担当窓口の一本化等、 プロジェクト遂行を制度面から支援いただいたのみならず、 送電線設置において市有地の使用許可をいただくなどの協力をいただき、 この度の完工に至っております。 

 

自然電力グループは、 2011年の会社設立以来、 グループ全体で約700メガワット(2016年11月末時点)の太陽光発電所の開発・資金調達・EPC・O&Mに携わってまいりました。 この度の鹿児島県霧島市太陽光発電所は、 自然電力グループが開発からEPC、 O&Mまでを一貫して手掛けるメガソーラープロジェクトとしては、 会社設立以来最大規模のものとなります。 国内における太陽光発電所の設置計画を巡っては、 固定価格買取制度(FIT)の変更により、 2017年4月1日時点で電力会社との接続契約が未締結である取得済みの設備認定は失効することが決定するなど様ざまな状況の変化があります。 自然電力グループは、 本発電所の完工ならびにこれまでの事業経験を活かし、 何らかの課題により未稼働となっている全国の発電所設置計画についても、 引き続き広く情報を集め、 事業化の実現に取り組むとともに、 今後も高品質な再生可能エネルギー発電所の設置と運営を通じ、 国内における再生可能エネルギーの普及と持続可能な社会の構築を目指してまいります。 

 

【事業概要】 

  1. 発電所名:鹿児島県霧島市太陽光発電所
  2. 発電所所在地:鹿児島県霧島市福山町福山
  3. 事業主:株式会社トーエネック
  4. 事業開発:自然電力株式会社
  5. EPC:juwi(ユーイ)自然電力株式会社
  6. O&M:juwi(ユーイ)自然電力オペレーション株式会社
  7. 発電所面積:約299,700m2 
  8. 発電出力:約20MW(DC)
  9. 想定年間発電量:2,100万kWh/年(一般家庭約6,000世帯分の年間電力消費量に相当)
  10. 着工日:2015年8月
  11. 運転開始日:2016年12月1日 

 

鹿児島県霧島市太陽光発電所

 

完工式

 

pdfリリース全文はこちら

[ニュースリリース]

オーストリアの小水力発電用水車メーカーGUGLER社との業務提携について 水車の供給不足を解消し国内の小水力事業を推進

自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市中央区荒戸/代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)は、GUGLER Water Turbines GmbH(本社:オーストリア共和国ゴールドヴェルト/CEO:アロイス・ググラー、以下「GUGLER(ググラー)社」)と、かねてより協議を進めていた小水力発電事業における業務提携契約を、2016年9月30日に締結いたしましたので、お知らせいたします。

 

小水力発電は、昼夜、年間を通じて安定した発電が可能であり、起伏に富み降水量の多い日本に適した再生可能エネルギーです。一方で、水車の供給不足等により事業化が進みにくいという実情を抱えてきました。自然電力は、再生可能エネルギーの国内における定着、安定供給のための施策とし、2015年から風力・小水力発電事業にも積極的に取り組んでおり、水車の供給不足を解決し国内での小水力発電事業の早期実現を達成するため、小水力発電の実績および知見が豊富なGUGLER社との業務提携についても、協議を進めてまいりました。

 

GUGLER社は、オーストリア共和国に本社を置く約100年の歴史を持つ企業です。5キロワットから20メガワットの小水力発電に適したカプラン水車、フランシス水車、ペルトン水車といった各タイプの水車と、小水力発電に必要な電気・機械装置のグローバルサプライヤーであり、水車の供給実績は全世界において800基を超えています。

 

この度の業務提携により、自然電力は、特に多くの需要が見込まれるGUGLER社の100キロワット以上の水車を取り扱う国内の独占代理店となります。また、水車・関連機器の導入と併せ、GUGLER社の技術協力を得て、国内の小水力発電事業へのエンジニアリングサービスの提供も行います。なお、自然電力は、既にGUGLER社の水車を採用した小水力発電事業に着手しており、2017年夏頃に第1号案件となる小水力発電所の着工を予定しています。

 

 自然電力は、GUGLER社とのパートナーシップを通じ、GUGLER社が持つ小水力発電用水車機器とエンジニアリングサービスの日本市場への導入を促進し、国内の小水力発電用水車の供給不足の解消を図り、日本各地域のニーズに適した小水力発電事業の普及と持続可能な社会の構築に貢献することを目指します。

 

pdfリリース全文はこちら

[ニュースリリース]

juwi自然電力がキユーピーよりEPC案件を受注

福島県白河市「グリーンファクトリーセンター太陽光発電所」増設のお知らせ

juwi(ユーイ)自然電力株式会社(本社:東京都文京区本郷/代表取締役:長谷川雅也、ラグラム・ナタラヤン、以下「juwi自然電力」)は、キユーピー株式会社(本社:東京都渋谷区渋谷/代表取締役 社長執行役員:三宅峰三郎、以下「キユーピー」)が保有する福島県白河市の「グリーンファクトリーセンター太陽光発電所」を増設するにあたり、本発電所のEPC(設計・調達・建設)を受注し2016年9月30日にEPC契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。

 

本プロジェクトは、福島県白河市に位置し2015年1月に完工したキユーピーが保有する約0.5メガワット(DC)の「グリーンファクトリーセンター太陽光発電所」を増設する事業です。「グリーンファクトリーセンター太陽光発電所」は、自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市中央区荒戸/代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)が開発し、juwi自然電力がEPCを担いました。その成果をご評価頂き、また、再生可能エネルギーの普及を目指す弊社の姿勢と、自社設備への再生可能エネルギーの導入を推進するキユーピーの方針が合致し、この度、増設分のEPCの受注に至りました。増設する施設は、キユーピーが保有する植物工場の敷地の一部を利用した出力約1.5メガワット(DC)のメガソーラー発電所となる予定です。年間発電量は約165万キロワット時を見込んでおり、これは一般家庭約500世帯の年間使用電力量に相当します。完工は、2017年3月を予定しており、発電した電力は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度を活用し東北電力へ売電します。

 

juwi自然電力は、自然電力と、ドイツに本社を置く世界的な再生可能エネルギーの開発・EPC企業であるjuwi(ユーイ)株式会社による合弁会社として、2013年に創業しました。自然電力が開発を手掛ける案件のほか、EPC単体での工事案件も受託しており、2016年7月にも、宮城県においてゴルフ場跡地を活用した出力約14メガワット(DC)の大規模太陽光発電所を着工しています。これまで、自然電力グループは、約700メガワット(2015年12月末時点)の太陽光発電所の企画・開発・EPC・O&M(運営・保守)にグループで携わってきました。juwi自然電力は、今後も、国内外問わず、世界で培った知識や経験を生かし、発電所設置地域の状況やニーズに合わせたEPCソリューションを提供することで、再生可能エネルギーの普及と持続可能な社会の構築に貢献することを目指します。

 

【事業概要】

 発電所名  グリーンファクトリーセンター太陽光発電所(増設分)
 発電所所在地  福島県白河市表郷小松字西町
 事業主  キユーピー株式会社
 事業開発  juwi(ユーイ)自然電力株式会社
 EPC  juwi(ユーイ)自然電力株式会社
 発電所面積  約18,600㎡ ※ 既設設備との合計:約23,700㎡
 発電出力  約1.5MW(DC) ※ 既設設備との合計:約2.0MW(DC)
 想定年間発電量  約165万kWh/年
 (一般家庭約500世帯分の年間電力消費量に相当)
 ※既設設備との合計:約220万kWh/年
 (一般家庭約700世帯分の年間電力消費量に相当)
 着工日  2016年10月
 運転開始日  2017年3月予定

 

 

【グリーンファクトリーセンター太陽光発電所(既設設備)写真】

グリーンファクトリーセンター太陽光発電所(既設設備)

 

pdfリリース全文はこちら

カテゴリ

アーカイブ

  • 太陽光(メガソーラー)発電
  • 風力発電
  • 小水力発電
  • 土地の有効活用を考えている方
  • 発電所の建設事業者を探している方
  • 発電所の保守運営会社を探している方
  • 発電所の健康診断をしたい方
  • 発電所建設のための資金調達が必要な方
  • 発電所(運転開始前・ 開始後)を売りたい方
  • 採用情報
  • face book
  • ソーラー用語辞典
  • juwi

このページのTOPへ