[ニュースリリース]

juwi自然電力がEPCを手掛けた出力約14MWのメガソーラー 宮城県石巻市「石巻沼津太陽光発電所」完工のお知らせ

 English follows Japanese.

 

juwi(ユーイ)自然電力株式会社(本社:東京都文京区本郷/代表取締役:長谷川雅也、ヤン・ヴァルツェヒャ、以下「juwi自然電力」)は、米ゼネラル・エレクトリック(GE)のグループ会社であるGEエナジー・ファイナンシャル・サービス(本社:米国コネティカット州スタンフォード/CEO:デービット・ネイソン)が100%出資する石巻きずな合同会社より受注したEPC(設計・調達・建設)事業である、宮城県石巻市における出力約14メガワット(DC)のメガソーラー「石巻沼津太陽光発電所」を、2017年9月13日に完工いたしました。また、2017年9月1日より商業運転を開始いたしましたので、あわせてお知らせいたします。

 

本発電所は、宮城県石巻市に位置するゴルフ場跡地の敷地約220,000㎡を利用して、出力約14メガワット(DC)のメガソーラーを運営するものです。年間発電量は約1,608万キロワット時を見込んでおり、これは、一般家庭約4,400世帯の年間使用電力量に相当します。なお、発電した電力は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度を活用し東北電力株式会社へ売電いたします。

 

本プロジェクトは、トリナ・ソーラー(本社:中華人民共和国江蘇省常州市/CEO:ジファン・ガオ)の100%子会社であるトリナ・ソーラー・ジャパン・エナジー株式会社(本社:東京都港区浜松町/代表取締役:カルロス・ガルシア・ガルシア、佐藤英治)がプロジェクト開発、設計、調達およびマネージメントを行い、juwi自然電力、がEPC(設計・調達・建設)を担当いたしました。また、juwi自然電力オペレーション株式会社(本社:東京都文京区本郷/代表取締役:磯野久美子、ヤン・ヴァルツェヒャ)がO&M(運営・保守)を担当します。工法の特徴としては、既設のゴルフ場の地形を生かした造成工事を行う事で、パネルの設置可能なエリアを効率的に拡大しました。また宮城県条例に基づき調整池も場内に設置しています。アレイは縦置き4段の大型を採用し、設置するパネルの枚数を増やしつつ変換効率の最適化を図りました。なお、大きく分けて4種類のアレイを採用し、土質や地形にあわせ最適な種類を各エリアに設置しています。

 

juwi自然電力は、再生可能エネルギー発電所の開発・資金調達等を行う自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市中央区荒戸/代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)および、ドイツに本社を置く世界的な再生可能エネルギーの開発・EPC企業であるjuwi(ユーイ)株式会社による合弁会社として、2013年に創業しました。自然電力が開発を手掛ける案件のほか、EPC単体での工事案件も受託しており、2016年5月末に完工したゴルフ場跡地を活用した出力約25メガワット(DC)の大規模太陽光発電所(岩手県)を含む、累計全国 56カ所、合計出力約160メガワットの完工実績を有しております。今後も、国内外問わず、世界中で培った知識や経験を生かし、発電所設置地域の状況やニーズに合わせたEPCソリューションを提供することで、再生可能エネルギーの普及と持続可能な社会の構築に貢献することを目指します。

 

【事業概要】

発電所名 石巻沼津太陽光発電所
発電所所在地 宮城県石巻市沼津字大林山
事業主 石巻きずな合同会社
 ※ GEエナジー・ファイナンシャル・サービス100%出資
事業開発 トリナ・ソーラー・ジャパン・エナジー株式会社
EPC juwi(ユーイ)自然電力株式会社
O&M juwi(ユーイ)自然電力オペレーション株式会社
発電所面積 約220,000㎡
発電出力 約14MW(DC)、10MW(AC)
想定年間発電量 約1,608万kWh/年
 (一般家庭約4,400世帯分の年間電力消費量に相当)
着工日 2016年7月12 日
運転開始予定 2017年9月1日

 

【石巻沼津太陽光発電所写真】

57.Ishinomaki thumb

リリース全文はこちら

[ニュースリリース]

Ishinomaki Numazu 14MW Photovoltaic Power Plant in Miyagi Prefecture, has been completed by juwi Shizen Energy

On September 13, 2017 juwi Shizen Energy Inc. completed the EPC (Engineering Procurement and Construction) of the “14 megawatt Ishinomaki Numazu Photovoltaic Power Plant”, Ishinomaki Kizuna GK – a company invested in by GE Energy Financial Services – assigned the EPC of this project to juwi Shizen Energy Inc., and the commercial operation of the power plant commenced on September 1, 2017.

 

Trina Solar Japan Energy Co., Ltd. (headquarters: Hamamatsucho, Minato Ward, Tokyo, Japan; Representative Directors: Carlos Garcia Garcia, Eiji Sato), a wholly-owned subsidiary of Trina Solar, was in charge of Development and Engineering, Procurement and Management of this project, juwi Shizen Energy was also responsible for EPC and juwi Shizen Energy Operation Inc. will be responsible for O&M (operation and maintenance).

 

This solar power plant with an output of approximately 14 megawatts (DC) occupies a 220,000 m2 site on a former golf course in the city of Ishinomaki in Japan's Miyagi Prefecture. Its annual generated energy output is projected to reach approximately 16,080,000 kilowatt hours, which is equivalent to the annual amount of power consumed by 4,400 ordinary homes. The Energy generated will be sold to Tohoku Electric Power Co., Inc. under the country’s Feed-in Tariff (FIT) for renewable energy.

 

A feature of the construction was the efficient expansion of the area in which panels could be installed by leveraging the terrain of an existing golf course in site preparation. A regulating pond was also created on the basis of an ordinance issued by Miyagi Prefecture. The number of panels were increased and the optimum conversion efficiency was achieved by installing large arrays composed of four modules in an upright orientation. The arrays that the plant uses can be broadly divided into four types, with the best array for each area being installed in consideration of the ground and terrain.

 

juwi Shizen Energy was established in 2013 as a joint venture between Shizen Energy Inc. (headquarters: Arato, Chuo Ward, Fukuoka City, Fukuoka Prefecture, Representative Directors: Ken Isono, Kenji Kawado, and Masaya Hasegawa; hereinafter referred to as “Shizen Energy”), whose activities include the development of and securing of funding for renewable energy power plants, and juwi AG, a company headquartered in Germany that is involved in development and EPC for renewable energy around the world. As well as being involved in Shizen Energy’s development projects, juwi Shizen Energy also takes EPC orders for other customers, track record of juwi Shizen Energy in Japan includes more than 50 projects completed with about 160MW in total capacity.  juwi Shizen Energy shall henceforth continue to leverage the knowledge and experience it has accumulated through its global operations and aim to contribute to the increased use of renewable energy and the construction of a sustainable society both in Japan and overseas by providing EPC solutions that correspond to the needs and circumstances of the area in which a power plant is to be established.

 

【Project outline】

Name of power plant Ishinomaki Numazu Photovoltaic Power Plant
Location Aza Obayashiyama, Numazu, Ishinomaki City, Miyagi Prefecture
Project owner Ishinomaki Kizuna GK
* GK invested by GE Energy Financial Services
EPC Trina Solar Japan Energy and juwi Shizen Energy Inc.
O&M juwi Shizen Energy Operation Inc.
Power plant area Approximately 220,000 ㎡
Generated energy output Approximately 14 MW (DC), 10 MW (AC)
Estimated annual generated energy output Approximately 16,080,000 kWh/year
(equivalent to the annual amount of power consumed by 4,400 ordinary homes)
Start of construction July 12, 2016
Start of operation September 1, 2017

 

pdfThe full version of press release is here.

[ニュースリリース]

長野自然電力、小布施町における小水力発電所着工のお知らせ

自然電力グループ初となる小水力発電事業

 

自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市中央区荒戸/代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)が100%出資し設立した、長野自然電力合同会社(本社:長野県上高井郡小布施町、以下「長野自然電力」)は、長野県が公募した補助対象事業、「平成29年度自然エネルギー地域発電推進事業」への提案が採択され、2017年12月14日に、初となる小水力発電所を長野県で着工いたしましたので、お知らせいたします。

 

この度、長野県が公募した「自然エネルギー地域発電推進事業」は、地域主導型の自然エネルギー発電事業を「収益納付型補助金」により支援し、県内各地へ普及させることを目的とした施策です。長野自然電力は、公募事業の採択を受け、長野県上高井郡小布施町の協力を得て、同町において、「小布施松川小水力発電所」(以下「本発電所」)の建設を開始いたしました。なお、本発電所が、自然電力グループにとって初の小水力発電事業の着工プロジェクトとなります。

 

本発電所は、長野県小布施町の松川から取水した同町の用水路を活用した流れ込み式発電所で、約190キロワットの発電能力を有しています。本発電所の水車は、小水力発電事業におけるパートナーである、GUGLER Water Turbines GmbH(本社:オーストリア共和国ゴールドヴェルト/CEO:アロイス・ググラー、以下「GUGLER(ググラー)社」)のフランシス型水車を使用する予定です。なお、本発電所の年間発電量は、約117万キロワット時を見込んでおり、これは一般家庭約360世帯の年間使用電力量に相当します。発電した電力は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)を活用し、中部電力へ売電する予定です。

 

自然電力は、今後も自治体等と連携し、地域に根ざした再生可能エネルギーの普及を積極的に行うとともに、GUGLER社とのパートナーシップを通じ、GUGLER社が持つ小水力発電用水車とエンジニアリング技術の日本市場への導入を促進し、国内の小水力発電用水車の供給不足の解消を図りながら、小水力発電事業の普及と持続可能な社会の構築に貢献することを目指します。

 

事業概要】  

発電所名 小布施松川小水力発電所
発電所所在地 長野県上高井郡小布施町大字雁田
事業主 長野自然電力合同会社
事業開発 自然電力株式会社
最大使用水量 約1.5㎥/s
有効落差 約14.4 m
発電出力 約190 kW
想定年間発電量 約117万kWh/年
(一般家庭約360帯分の年間電力消費量に相当)
着工日 2017年12月14日
運転開始予定 2018年 春

 

リリース全文はこちら

カテゴリ

アーカイブ

  • 太陽光(メガソーラー)発電
  • 風力発電
  • 小水力発電
  • 電力小売事業
  • 土地の有効利用を考えている方
  • 発電所建設のための資金調達が必要な方
  • 発電所の建設事業者を探している方
  • 発電所の保守運営会社を探している方
  • 発電所の健康診断をしたい方
  • 発電所(運転開始前・ 開始後)を売りたい方
  • 自然エネルギー由来の電気を購入したい方
  • 採用情報
  • face book
  • ソーラー用語辞典
  • juwi

このページのTOPへ